Powered By 画RSS
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

抗リン脂質抗体症候群 ~結果陽性~①

2010/12/02
11月 29日 (月)

誕生日を迎える頃、自分は妊婦さんなのだろうか

それとも、悲しみにくれて仕事に打ち込んでいるんだろうか


体外受精にチャレンジする頃、早く結果が知りたくて、
施術から2ヵ月後の誕生日をどう過ごしているだろうと
色々な想いを張り巡らせていた。

結果的には、後者となってしまったが、悲しみにくれてもいないし、
仕事に打ち込んでもいない。

いつもと同じ、生活を送っている
常にポジティブというか、前向きというか、楽天的なのだ

この一ヶ月、基礎体温は、マチマチ。
低温期から高温期へきれいに二層になっていたのに、
なんだかバラバラ。排卵はしたのだろうか。


薬を沢山つかったから無理もないか。

それはともかく、血液数値異常での検査通院が続いており、
今日は朝一番で聖路加の血液内科へ。

P1010220_convert_20101201220849[1]

築地駅から病院までの小道
この道も何度通っただろう。

はじめは子宮頸がんの再検査で不安一杯の気持ちで。

それからは2~3ヶ月に一度の術後検診。
比較的のんびりと。
春は土の香りに深呼吸し、夏は日陰を探してあるいた。
秋は落ち葉が積もり、冬は小走りに走り抜けた。

P1010221_convert_20101201220914[1]

この小路の左側には聖路加看護学校がある。
もし、生まれ変わったら看護士を目指そう。
ここに通ってそう思い始めた。
つらくて大変だけど、遣り甲斐も誇りも持てる素晴らしい業種だ。

P1010222_convert_20101201220936[1]

10月後半は、小さな小さな命とともに大事に一歩一歩
気をつけて、そう~とそう~っと大切に歩いた道。
いつか、バギーに乗せて通う日がくるのだろうかと
幸せな妄想にひたっていた。

あの幸せな感覚を味わえただけで、頑張った甲斐はあったな

さて、この道を抜けると、病院だ。
スポンサーサイト
00:06 不妊治療 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。